Foreign Language Correction

私の読書感想文

05 Aug 2022 (UTC)
#0 utubo [FwMzIYI]
Profile
Gender
Male
Home country
Malaysia
Live in
Malaysia
Languages
Mandarin Chinese
English
Cantonese
Japanese
Last updated 05 Aug 2022 (UTC)
Language to correct
Japanese
Text to correct
       「ゴールデンスランバー」を読んで
  この本と出会ったきっかけは本を買った時に、この表紙絵に心がひきつけられました。この不思議な夏夕空の絵と熟知したタイトルにすぐに買ってしまいました。タイトルはビートルズの同名楽曲から引用されており、作品の中にも「カム・トゥゲザー」、「ヘルプ!」などの名曲が散見される。高校時代にビートルズのようなロック楽隊にふけたから、好奇心を持って本屋で「ゴールデンスランバー」を読むことになりましたが、結構励ましがしました。
  この本は首相暗殺の冤罪をかけられ逃走する青年を主人公にした、主人公の元彼女や大学のサークル仲間といった周りの人たちとの絆が大きな役割を果たしている物語です。最初は小さな事件だったのですが、そのうちにいろいろな人を巻き込む事件に発展していくところ私が引き込まれたポイントで、各キャラクターの描写が喜劇的でせりふもテンポが良いです。
  元宅配業の青柳雅春は数年前に暴漢に襲われていたアイドルを仕事中偶然にも助けたことで一躍時の人となり、仙台では顔を知らない人がいない有名人になった。でも、そんな青柳は数年ぶりに大学時代の親友・森田森吾に呼び出される。なんのことか分からない青柳だったが、その直後に首相は、どこからともなく飛んできたドローンの爆発により暗殺され、警官が2人のところにやってくる。「おまえは逃げろ」と促された青柳はその場を逃げ出し車を後にするが、森田は爆殺されてしまう。その頃、街中では早くも青柳の顔写真や映像がくり返し流され、首相暗殺犯として報道されていた。青柳は、警察やマスコミを意のままに操作出来る大きな何かが、自分を犯人に仕立て上げようとしていることを思い知らされる。最後、青柳は友達の力を借りて、逃走につぐ逃走を重ねて...
  単に表紙とタイトルだけで明るい話だと思っていましたが、読んでみるとそうではなかったことに気づきました。いつも明るく振る舞っている主人公にも暗い過去があったりして、普通人なんだなと実感しました。「人間の最大の武器は、習慣と信頼だ」わたしはこの本で、この言葉が一番好きです。最後の雪冤は果たせなかったが、懸命に生きようとした青柳雅春に拍手を送りたい。人間が生活中に一番重要なのは、他人との信頼だと思います。家人も友達も、献身的に愛してくれる人には感謝だと思いますが、これを見て側にいる人を大事にしようと思います。
#1 クマ [JhOVWGg]
       「ゴールデンスランバー」を読んで
  この本と出会ったきっかけは本を買った時に、この表紙絵に心がひきつけられて、この本を買いました。
この不思議な夏夕空の絵と熟知したよく知っているタイトルで、すぐに買ってしまいました。
タイトルはビートルズの同名楽曲から引用されており、作品の中にも「カム・トゥゲザー」、「ヘルプ!」などの名曲が散見される。
高校時代にビートルズのようなロック楽隊にふけっていたから、好奇心を持ってから本屋で「ゴールデンスランバー」を読むことになりましたが、結構励ましがし。この本に励まされました。
  この本は首相暗殺の冤罪をかけられ逃走する青年主人公にした、です。主人公の元彼女や大学のサークル仲間といった周りの人たちとの絆が大きな役割を果たしている物語です。
最初は小さな事件だったのですが、そのうちにいろいろな人を巻き込む事件に発展していくところ私が引に惹き込まれたポイントで、各キャラクターの描写が喜劇的でせりふ台詞もテンポが良いです。
  元宅配業の青柳雅春は数年前に暴漢に襲われていたアイドルを仕事中偶然にも助けたことで一躍時の人となり、仙台では顔を知らない人がいない有名人になった。
でも、そんな青柳は数年ぶりに大学時代の親友・森田森吾に呼び出される。
なんのことか分からない青柳だったが、その直後に首相は、どこからともなく飛んできたドローンの爆発により暗殺され、警官が2人のところにやってくる。「おまえは逃げろ」と促された青柳はその場を逃げ出し車を後にするが、森田は爆殺されてしまう。
その頃、街中では早くも青柳の顔写真や映像がくり返し流され、首相暗殺犯として報道されていた。
青柳は、警察やマスコミを意のままに操作出来できる大きな何かが、自分を犯人に仕立て上げようとしていることを思い知らされる。
最後、青柳は友達の力を借りて、逃走につぐ逃走を重ねて...
  単に表紙とタイトルだけで明るい話だと思っていましたが、読んでみるとそうではなかったことに気づきました。
いつも明るく振る舞っている主人公にも暗い過去があったりして、普通人なんだなと実感しました。「人間の最大の武器は、習慣と信頼だ」わたしはこの本で、この言葉が一番好きです。
最後の雪冤は果たせなかったが、懸命に生きようとした青柳雅春に拍手を送りたい。
人間が生活中にきていくなかで一番重要なのは、他人との信頼だと思います。
も友達も、献身的に愛してくれる人には感謝だと思いますいつも感謝していましたが、これを見て側にいる人を大事にしようと思います。
Corrected No problem
通常会話の中で伝わりやすくなるように変更しました。
07 Aug 2022 (UTC)
#2 utubo [FwMzIYI]
本当にありがとうございました。´ω`*)♡
08 Aug 2022 (UTC)
Now Loading...