Foreign Language Correction

希望把我的文章修改成自然的语法。《伏魔传》2-7

22 Nov 2022 (UTC)
#0 城 作也 [RmMwaJA]
Profile
Gender / Age
Male / 50-54
Home country
Japan
Live in
Tokyo[23区外](Japan)
Languages
Japanese
Mandarin Chinese
English
我喜歡中國的歷史。
我也喜歡故事,其中最喜歡《水滸》。
我自己也寫了以中國史實為基礎的故事,想翻譯成中文發表,在臺灣的web小說網站投稿。
但是,翻譯不好,寫不出能很好地傳達的文章。 是傳達了也不能判斷的狀態。
如果能修改我的文章的話我會很高興的,所以注册了。
請多關照。

https://www.kadokado.com.tw/book/8776
Last updated 18 Oct 2022 (UTC)
Message
我希望把我的文章修改成自然的中文語法。
我正在寫水滸傳的一〇八魔星,在唐代安史之亂中所出現,轟動世界的小說《伏魔傳》。
我想把這文章翻譯成中文,但是我的翻譯不好,無法寫成流暢的中文文章。
希望大家能助我一臂之力。
請多指教。
雖然剛開始翻譯,但是因為在叫做kadokado的臺灣的web小說網站投稿,已經發表了的文章在這裡能讀。
https://www.kadokado.com.tw/book/8776
Language to correct
Mandarin Chinese
Text to correct
  九天玄女道:
“那麼,我來進行。六合慧女,請幫幫我。”
“是的,姐姐”
  張天師們注視著,九天玄女走進正殿,掏出葫蘆往鋼先身上潑水。
  接下來從六合慧女那裡收到護符,放在鋼先的身體上。
  然後系上記號念咒語,大大地喘了口氣。
“您做了什麼?”
  張天師問,九天玄女整理衣領,回答:
“用藥水修復了肉體。總之可以爭取時間。”
“你是說復活嗎?”
  但是英貞童女搖頭道:
“完全不行。因為魂魄已經出過一次了,所以不能在肉體上紮根。據說有反魂丹這個秘藥就能實現,但是為了尋找它,需要年月。在這期間,必須有人進入他體內,把魂魄連接起來。”
“那樣的事有可能嗎?”
  張天師疑惑地道,九天玄女回答:
“這是一種相當特殊的術式,在天界也只能使用幾名。用魂魄連接魂魄。但是,人類之間會有一方失去肉體,所以天界的人應該進入。”
  於是,天魁星突然走了出來道:
“鋼先的傷,是我的過失。無論如何,請使用我”
“什麼?”
  張天師們不安地面面相覷。 然後看到英貞童女,她苦笑著道:
“我想您不會喜歡,但現在只能這樣做了吧。天魁星雖然有粗暴的地方,但很誠實,也有責任感。交給他也沒關係。”
  張天師慌忙揮手道:
“很過意不去。我知道了。如果你早晚會準備好反魂丹之的話,那就好了。”
  他同意了。
####################2-7
(日文原文)
 九天玄女が言う。
「畏まりました。では、私が進めます。六合、手伝ってください」
「はい、姉さん」
 張天師たちが見守っていると、九天玄女は本堂に入り、瓢箪を取り出して鋼先の体に水をかけ、自分の着ていた衣をかぶせた。
 次に六合慧女から護符を受け取り、鋼先の体に置いていく。
 そして印を結んで呪文を唱えると、大きく息をついた。
「何をなされたのですか」
 張天師が聞くと、九天玄女は襟を整えながら答えた。
「肉体を薬水で修復しました。とりあえず時間は稼げます」
「生き返る、ということですか」
 しかし英貞童女は首を振る。
「完全には無理です。魂魄が一度出てしまったので、肉体に定着しません。反魂丹という秘薬があれば叶うそうですが、それを探すのに、日を要します。その間、誰かが彼の中に入り、魂魄を繋ぎ止めなければなりません」
「そんなことが可能なのですか」
 張天師が疑わしく言うと、九天玄女は答えて
「かなり特殊な術式で、天界でも数名しか使えません。魂魄で魂魄を繋ぐのです。ただし、人間同士では片方が肉体を失うことになるので、天界の者が入るべきですね」
 すると、急に天魁星が進み出て言う。
「鋼先どのの怪我は、それがしの過失。どうか、それがしをお使いいただきたい」
「なんと」
 張天師たちは、不安げに顔を見合わせた。そして英貞童女を見ると、彼女は苦笑して言う。
「お気は進まぬと思いますが、今はこうするしかないでしょう。天魁星は、荒っぽいところはありますが、篤実で、責任感もあります。任せて大丈夫だと思います」
 と礼をした。
 張天師は慌てて手を振り、
「もったいないことを。承知しました。いずれ反魂丹とやらを用意していただけるのなら、それで結構でございます」
 と同意する。
#1 koukaunn [NzQVgUg]
  九天玄女道:
“那麼,我來進行。
六合慧女,請幫幫我。”
“是的,姐姐”
  張天師們注視著,九天玄女走進正殿,掏出葫蘆往鋼先身上潑水。
  接下來從六合慧女那裡收到拿出護符,放在鋼先的身體上。
  然後系上記號念咒語,大大地喘了口氣。
“您做了什麼?”
  張天師問,九天玄女整理衣領,回答:
“用藥水修復了肉體。
總之可以爭取時間。”
“你是說復活嗎?”
  但是英貞童女搖頭道:
“完全不行。
因為魂魄已經出過一次了,所以不能在肉體上紮根。
據說有反魂丹這個秘藥就能實現,但是為了尋找它,需要年月。
在這期間,必須有人進入他體內,把魂魄連接起來。”
“那樣的事有可能嗎?”
  張天師疑惑地道,九天玄女回答:
“這是一種相當特殊的術式,在天界也只能使用幾名有幾个人才会使用
用魂魄連接魂魄。
但是,人類之間會有一方失去肉體,所以應該让天界的人應該進入。”
  於是,天魁星突然走了出來道:
“鋼先的傷,是我的過失。
無論如何,請使用我让我去吧
“什麼?”
  張天師們不安地面面相覷。
然後看到英貞童女,她苦笑著道:
“我想您不會喜歡,但現在只能這樣做了吧。
天魁星雖然有粗暴的地方,但很誠實,也有責任感。
交給他也沒關係。”
  張天師慌忙揮手道:
很過意不去。没有没有。”
我知道了。
如果你早晚會準備好反魂丹之的話,那就好。”
  他同意了。
####################2-7
(日文原文)
 九天玄女が言う。
「畏まりました。
では、私が進めます。
六合、手伝ってください」
「はい、姉さん」
 張天師たちが見守っていると、九天玄女は本堂に入り、瓢箪を取り出して鋼先の体に水をかけ、自分の着ていた衣をかぶせた。
 次に六合慧女から護符を受け取り、鋼先の体に置いていく。
 そして印を結んで呪文を唱えると、大きく息をついた。
「何をなされたのですか」
 張天師が聞くと、九天玄女は襟を整えながら答えた。
「肉体を薬水で修復しました。
とりあえず時間は稼げます」
「生き返る、ということですか」
 しかし英貞童女は首を振る。
「完全には無理です。
魂魄が一度出てしまったので、肉体に定着しません。
反魂丹という秘薬があれば叶うそうですが、それを探すのに、日を要します。
その間、誰かが彼の中に入り、魂魄を繋ぎ止めなければなりません」
「そんなことが可能なのですか」
 張天師が疑わしく言うと、九天玄女は答えて
「かなり特殊な術式で、天界でも数名しか使えません。
魂魄で魂魄を繋ぐのです。
ただし、人間同士では片方が肉体を失うことになるので、天界の者が入るべきですね」
 すると、急に天魁星が進み出て言う。
「鋼先どのの怪我は、それがしの過失。
どうか、それがしをお使いいただきたい」
「なんと」
 張天師たちは、不安げに顔を見合わせた。
そして英貞童女を見ると、彼女は苦笑して言う。
「お気は進まぬと思いますが、今はこうするしかないでしょう。
天魁星は、荒っぽいところはありますが、篤実で、責任感もあります。
任せて大丈夫だと思います」
 と礼をした。
 張天師は慌てて手を振り、
「もったいないことを。
承知しました。
いずれ反魂丹とやらを用意していただけるのなら、それで結構でございます」
 と同意する。
Corrected No problem
22 Nov 2022 (UTC)
#2 城 作也 [RmMwaJA]
非常感謝!這部作品刊登在網站上,包括臨時翻譯。 還有你給我翻譯的文章。 祝你玩得開心。
https://www.kadokado.com.tw/book/8776
25 Nov 2022 (UTC)
#3 寅太郎 [F2cEYIA]
  九天玄女道:
“那麼,我來進行處理吧
六合慧女,請幫幫我。”
的,姐姐”
  張天師們注視著等人的看守之下,九天玄女走進步入了正殿,掏出葫蘆鋼先身上潑水,並以自身穿著的衣裳將其蓋上
  接下來接著從六合慧女那裡收到接獲護符,並放置在鋼先的身體上。
  然後系上記號念咒語,大大隨後結印念了咒語之後,深深地喘了口氣。
做了什麼?”
  面對張天師的提問,九天玄女整理衣領,回答:
“用藥水修復了肉體。
總之可以爭取時間。”
是說復活,能讓他起死回生嗎?”
  但是然而英貞童女搖頭道:
“完全不行。
因為魂魄已經出過一次了,所以不能在肉體上紮根已無法將其固定在體內
據說要是有反魂丹這秘藥的話就能實現,但是為了尋找它,需要年月只不過要順利找到它,也得需要些時日
在這期間,必須有人進入他體內,將他的魂魄連接起來。”
“那樣的事有可能辦到嗎?”
  對於張天師疑惑地道,九天玄女回答:
“這是一種相當特殊的術式,在天界也只能使用幾名有幾个人才會使用
用魂魄連接魂魄。
但是,人類之間會有一方失去肉體,所以應該让天界的人應該進入。”
  於是這時,天魁星突然走了出來上前說道:
“鋼先的傷,是我的過失。
無論如何,請使用我正因如此,就由我去吧
“什麼?”
  張天師們不安地面面相覷。
然後看到英貞童女,她苦笑著道:
“我想您不會喜歡,但現在只能這樣做了吧。
天魁星雖然有粗暴的地方,但很誠實,也有責任感。
交給他也沒關係。”
  張天師慌忙揮手道:
真是過意不去
我知道了。
如果你早晚會準備好反魂丹之的話,那就好總之啊準備好那個什麼反魂丹的就行了。”
  他同意了。
####################2-7
(日文原文)
 九天玄女が言う。
「畏まりました。
では、私が進めます。
六合、手伝ってください」
「はい、姉さん」
 張天師たちが見守っていると、九天玄女は本堂に入り、瓢箪を取り出して鋼先の体に水をかけ、自分の着ていた衣をかぶせた。
 次に六合慧女から護符を受け取り、鋼先の体に置いていく。
 そして印を結んで呪文を唱えると、大きく息をついた。
「何をなされたのですか」
 張天師が聞くと、九天玄女は襟を整えながら答えた。
「肉体を薬水で修復しました。
とりあえず時間は稼げます」
「生き返る、ということですか」
 しかし英貞童女は首を振る。
「完全には無理です。
魂魄が一度出てしまったので、肉体に定着しません。
反魂丹という秘薬があれば叶うそうですが、それを探すのに、日を要します。
その間、誰かが彼の中に入り、魂魄を繋ぎ止めなければなりません」
「そんなことが可能なのですか」
 張天師が疑わしく言うと、九天玄女は答えて
「かなり特殊な術式で、天界でも数名しか使えません。
魂魄で魂魄を繋ぐのです。
ただし、人間同士では片方が肉体を失うことになるので、天界の者が入るべきですね」
 すると、急に天魁星が進み出て言う。
「鋼先どのの怪我は、それがしの過失。
どうか、それがしをお使いいただきたい」
「なんと」
 張天師たちは、不安げに顔を見合わせた。
そして英貞童女を見ると、彼女は苦笑して言う。
「お気は進まぬと思いますが、今はこうするしかないでしょう。
天魁星は、荒っぽいところはありますが、篤実で、責任感もあります。
任せて大丈夫だと思います」
 と礼をした。
 張天師は慌てて手を振り、
「もったいないことを。
承知しました。
いずれ反魂丹とやらを用意していただけるのなら、それで結構でございます」
 と同意する。
Corrected No problem
26 Nov 2022 (UTC)
#4 城 作也 [RmMwaJA]
寅ちゃんもありがとう!
26 Nov 2022 (UTC)
#5 寅太郎 [F2cEYIA]
どういたしまして(・ω<)b
27 Nov 2022 (UTC)
Now Loading...