Foreign Language Correction

この文をご修正いただけませんか。

18 Jul 2022 (UTC)
#0 luan56755 [FFdwkAU]
Profile
Gender / Age
Female / 20-24
Home country
Mainland China
Live in
Beijing(Mainland China)
Languages
Mandarin Chinese
English
Japanese
Last updated 16 May 2022 (UTC)
Language to correct
Japanese
Text to correct
私が書いたこの翻訳に間違いがいるかどうか、ご修正いただけませんか。 文法的な問題や、おかしな表現があればご指摘いただき、どうもありがとうございます!!!!
👇🏻

 都市動物はどこに住むのか、人類の建物の上に家を準備するように

 「人類と自然の共存」のスローガンが長年掲げられていた。しかし、都市が拡大されつつあるに従って、都市の中でペットの数量は増えているばかりで、野生動物の生存空間は減少していく一方だ。都市の「原住民」はどこで定着しているのだろうか。
 近日、イギリスのあるデザイン作業部屋は蜂向けの家を上げたーいくつかの器物に開ける穴につけの煉瓦である。「蜂向けの煉瓦」は異なるサイズの口開けを設置され、蜂が産卵することができ、さらに、穴の入り口が蜂に泥土か何かで詰まられでき、巢の環境を真似るようにする。
 また、蜂のために家を提供する構想は上海で実行されていた。上海市長寧区黄金城道の傍に独居の昆虫を専門にデザインされた「昆虫ホテル」があるのだ。素焼きの壺と空洞煉瓦などは独居の蜂、てんとうむし、カマキリ、コオロギなどの昆虫が住みやすい場所である。昆虫ホテルは普遍的ではないかといって、この設置は周辺の住民の自然保護の意識を高め、人と自然の関係を深め、未来都市の生態建設を支えるために種子を蒔いたのである。
 都市のエコシステムが良くなる一方につれて、未来の都市は人類の都市だけではなく、ある都市にいる「原住民」にまで、例えば、去年上海の「インフルエンサー」動物むじながゆっくり帰ってくるという予測ができる。どのようにそれらに帰る場所があるのか、今から考えるべきの問題であるのだ。
#1 REZIN [IBNkIoc]
私が書いたこの翻訳に間違いがいるかどうか、ご修正いただけませんか。
文法的な問題や、おかしな表現があればご指摘いただき、どうもありがとうございます!!!!
👇🏻
 都市動物はどこに住むのだろうか、人類建物の上に家を準備なかを生活空間とするように
 「人類と自然の共存」のスローガン長年掲げられてた。
しかし、都市が拡大されつつあるに従って、都市の中でペットの数量は増えているばかりで、野生動物の生存空間は減少していく一方だだが、急激に進んでいる都市化によって自然は姿を消しつつある。自然とは野生動物の生活空間、人間で言うところの家である。その自然が姿を消すという事は生活空間の減少であり、この事はそのまま野生動物の減少に直結する
都市の「原住民」はどこで定着しているのだろうかこのような現状を打破するため、世界の生物学者達は都市における自然環境と生物の多様性の保全に関する研究を進めてきた
 近日、イギリスのあるデザイン作業部屋は蜂向けの家を上げたーいくつかの器物に開ける穴につけの煉瓦である。「蜂向けの煉瓦」は異なるサイズの口開けを設置され、蜂がに本拠地を置いて活動しているデザインスタジオ「green&blue」が単独で行動する単生蜂用の巣、「bee brick」を開発した。これはいくつかの穴の空いた建築用煉瓦である。この煉瓦は多数の異なるサイズの穴が開けられており、蜂はこの中で産卵することができ、さらに、穴の入り口が蜂に泥土か何かで詰まられでき、巢の環境を真似るようにす塞ぐこともできる為、自然界における巢の環境を再現することが出来る。
 また、蜂のために人工的な巣を提供するという構想は上海で実行されていた。
上海市長寧区黄金城道の傍に独居の群れずに単独で生活する昆虫を専門にデザインされた「昆虫ホテル」があるのだ。
素焼きの壺空洞煉瓦などは独居単生の蜂、てんとうむし、カマキリ、コオロギなどの昆虫が住みやすい場所である。の巣の環境に適している
昆虫ホテルは普遍的ではないかといって、この設置はの建設という斬新な発想は、周辺の住民の自然保護に対する意識を高め、人と自然の関係を深め、未来都市の生態建設を支えるため種子を蒔いたのである。
 都市のエコシステムが良くなる一方につれて、未来の都市は人類の都市に対してだけでなく、あるその都市にいる「原住民」にまで、例えば、去年上海の「インフルエンサー」動物むじながゆっくり帰ってくるという予測ができるおける「自然」に対しても快適でなければならない
どのようにしてそれらに彼等の帰る場所があを作るのか、今から考えるべきの問題であるすぐにでも考える必要のある人類の課題なのだ。
Corrected No problem
"例えば、去年上海の「インフルエンサー」動物むじながゆっくり帰ってくるという予測ができる。" この部分は自分には理解できなかったので消さして頂きました。それとアトリエの名前と商品名を追加させて頂きました。納得のいかない点があればいつでも連絡して下さい!
20 Jul 2022 (UTC)
#3 luan56755 [FFdwkAU]
修正していただき、本当にありがとうございました。 助かりました!!!
20 Jul 2022 (UTC)
#4 REZIN [IBNkIoc]
都市の動物はどこに住むのだろうか、人類が建物の中を生活空間とするように
「人類と自然の共存」このスローガンは長年掲げられて来た。
だが、急激に進んでいる都市化によって自然は姿を消しつつある。自然とは野生動物の生活空間、人間で言うところの家である。その自然が姿を消すという事は生活空間の減少であり、この事はそのまま野生動物の減少に直結する。
このような現状を打破するため、世界の生物学者達は都市における自然環境と生物の多様性の保全に関する研究を進めてきた。
近日、イギリスに本拠地を置いて活動しているデザインスタジオ「green&blue」が単独で行動する単生蜂用の巣、「bee brick」を開発した。これはいくつかの穴の空いた建築用煉瓦である。この煉瓦は多数の異なるサイズの穴が開けられており、蜂はこの中で産卵することができ、穴の入り口を泥土か何かで塞ぐこともできる為、自然界における巢の環境を再現することが出来る。
また、蜂のために人工的な巣を提供するという構想は上海でも実行されていた。
上海市長寧区黄金城道の傍に群れずに単独で生活する昆虫を専門にデザインされた「昆虫ホテル」があるのだ。
素焼きの壺や中空の煉瓦などは単生の蜂、てんとうむし、カマキリ、コオロギ等の昆虫の巣の環境に適している
昆虫ホテルの建設という斬新な発想は、周辺の住民の自然保護に対する意識を高め、人と自然との関係性を深め、未来都市の生態建設を支えるための種子を蒔いたのである。
都市のエコシステムが良くなる一方で、未来の都市は人類に対してだけでなく、その都市における「自然」にとっても快適でなければならない。
どのようにして彼等の帰る場所を作るのか、これは今すぐにでも考える必要のある人類の課題なのだ。

こちらの方がいいかもしれません
20 Jul 2022 (UTC)
#5 luan56755 [FFdwkAU]
どうもありがとうございました!!!!
21 Jul 2022 (UTC)
#2 [IBNkIoc]
This post has been removed by the poster.
20 Jul 2022 (UTC)
#6 kou [QiNxZTE]
私が書いたこの翻訳に間違いがるかどうか、ご修正いただけませんか。
文法的な問題や、おかしな表現があればご指摘いただき、どうもありがとうございおねがいします!!!!
👇🏻
 都市部で動物はどこに住むのか、人類の建物が地面の上に家を準備建築するように
 「人類と自然(動物)の共存」のスローガンが長年掲げられていた。
しかし、都市が拡大されつつあるに従って、都市の中でペットの数量は増加しているばかりで、野生動物の生存空間は減少していく一方だ。
都市の「原住民野生動物」はどこで定着生活しているのだろうか。
 近日数か月前、イギリスのあるデザイン作業部屋は蜂向けの家を上げたーいくつかの器物に開ける穴につけの煉瓦である。「蜂向けのブライトンが5m以上の新築の建物にはいくつかの穴が開いた煉瓦を使用することを義務づけた。「蜂のためのブロック(煉瓦」は異なるサイズの口開け穴が開いた煉瓦を設置さ、蜂が産卵することができできる状態、さらに、穴の入口が蜂に泥土か何かで詰まられでき、を詰めれば、本来の巢の環境を真似再現できるようにするした
 また、上海でも蜂のために家を提供する構想は上海で活動が実行されていた。
上海市長寧区黄金城道の傍に独居の昆虫を専門にデザインさ黄金城道歩行街の傍に昆虫が住むように造られた「昆虫ホテル」があるのだ
素焼きの壺と空洞煉瓦などは独居の蜂、てんとうむし、カマキリ、コオロギなどの昆虫が住みやすい場所である。
昆虫ホテルは普遍的ではないかといって、この設置は周辺住民の自然保護の意識を高め、人と自然の関係を深め、未来都市の生態建設環境を支えるために種子を蒔いたのであるの初めの一歩となるであろう
 都市の環境保全(エコシステムが良くなる一方につれて)を発達させ、未来の都市人類の都市だけではなく、ある都市にいる「原住民」にまで、例え野生動物が住める都市にすれば、去年上海のインフルエンサー」動物むじながゆっくり帰ってくるという予測ができるが影響したペットブームも落ち着くだろう
のようにそれらうすれば野生動物に帰る場所があるのかできるかは、今から考えるべき問題であるのだ
Corrected No problem
09 Aug 2022 (UTC)
Now Loading...