Foreign Language Correction

燕趙文化

05 Aug 2022 (UTC)
#0 jiang [MGaDBGg]
Profile
Gender / Age
Female / 10-14
Home country
Mainland China
Live in
Hebei Province[shijiazhuang](Mainland China)
Languages
Mandarin Chinese
Japanese
Last updated 05 Aug 2022 (UTC)
Language to correct
Japanese
Text to correct
中国は土地が広く、多くの文化が特定の地域で生まれた。その中で、河北省は華夏文化の重要発祥地である。長い歴史の中で、独特な燕趙文化が形成された。
燕趙区域は、戦国時代の燕国と趙国があった地域である。燕趙区域は南が黄河を境にして、東が海を境にして、西が太行山を境にして、北が燕山を境にしている。位置は現在の河北省くらいだ。燕趙文化はここで生まれたものだ。
燕趙地域には独特の文化の特徴があり、それは「慷慨悲歌」である。「慷慨悲歌」とは、悲壮な気持ちを表現するために激高して歌うことである。慷慨悲歌文化の特徴は戦国時代に形成されて、隋唐時代には依然として人々に称賛されて、明清時代になるとその文化も残って、前後二千年以上続いて、悠久で安定した伝統を形成した。
燕趙の地では慷慨悲歌を歌う英雄がたくさんあった--「風蕭蕭として易水寒し、壮士一たび去りて復た還らず」といた燕地の刺客荊軻があり、景陽岡が素手で虎を殴った好漢武松があり、「粉骨砕身渾身で恐れず、潔白を残して人間に残る」といた壮絶な詩を書いた于謙氏があり、「鉄の肩に道義を担い、妙手に文章を書く」共産主義の闘士李大釗があり……昔から今まで、激しく高らかな浩浩燕趙の歌を歌ってきた。
古代に歌われたのは忠義な慷慨悲歌である。戦国末期の燕国は秦に併合される危機に直面していた。燕国の太子丹は燕国を救うために、荊軻を派遣して秦王を暗殺した。易水のほとりに至り、高漸離は築を撃ち、荊軻は和して歌った「風蕭蕭として易水寒し、壮士一たび去りて復た還らず」。秦国に着いてから、荊軻は図を献上する際に、毒の入った短刀を抜いて秦王に刺した。しかし刺さらず、最後に秦王に殺された。荊轲刺秦は成功しなかったが、荊轲の忠義を守り、死を恐れない精神を今に伝えている。
近代において最も代表的なのは革命英雄の慷慨悲歌である。共産主義戦士の李大釗は中国で最初に社会主義思想とマルクス主義学説を受け入れた愛国志士の一人である。彼は「鉄肩に道義を担い、妙手に文章を書く」という有名な対句を書いた。彼は革命の真理を追求し、民族独立と人民解放を追求するために、個人の生死を度外視した。彼はマルクス主義を積極的に宣伝したが、国民党に迫害された。彼の壮絶な犠牲は無数の燕趙人々の抗争を激励して、河北省の情熱的に燃える赤いメロディーを歌った。
現代には、人民に奉仕するための慷慨悲歌である。改革開放以来、河北省人民は中国共産党の指導下で、初心を忘れず、練磨して前進してきた。河北省のセハンダム林場では、代々のセハンダム人がセハンダムを「黄砂が空の太陽を遮り、飛鳥が生息する木がない」砂漠から、「川の源、雲の故郷、花の世界、林の海、鳥の楽園」に変え、心血と汗と生命で使命を銘記し、刻苦創業し、グリーン発展したセハンダム精神を作り上げた。現代の燕趙文化は慷慨悲歌を基調とし、赤色革命を旋律とし、国強民富を歌詞とし、河北省人民だけの心の歌を作った。
歴史の車輪がゆっくりと通り過ぎ、無数の英雄豪傑を乗せている。今では人々は英雄主義精神を受け継いて、燕趙文化に新しい内容を与えて、革命文化、愛国文化、根源文化などを加えた。英雄主義が伝承され、燕趙の物語が延々と続いている。
燕趙文化はは歴史の長い流れの中から押し寄せてきて、絶えず発展して強大になって、民族文化を補充して、また絶えず中華文化のほかの部分を収容して、中華民族と分けることができない。
Now Loading...