Foreign Language Correction

スムーズな文章に直すようお願いします。

21 Dec 2022 (UTC)
#0 しけいきん [MQQmZDI]
Profile
Gender / Age
Female / 20-24
Home country
Mainland China
Languages
Mandarin Chinese
English
Last updated 21 Dec 2022 (UTC)
Language to correct
Japanese
Text to correct
敬語「ます」形でお願いします。
作文のテーマ:家族は限りない力を与える
私の成長した二十年を思い返してみると、うれしいことも、わくわくすることも何度もありました。悲しいことも、無力なことも、失敗したことも、迷ったことも、前に進みたくない時もありました。どんな時でも、そのたびに母は私の後ろで黙って見守ってくれて、支えてくれました。無数の困難な時に、母の声なき鼓舞は私に限りのない力をあげて、私を助けて勇敢で自信のある性格を形作って、私に温和にこの世界と付き合う善意を持たせて、この世界と対抗する勇気をも持たせました。
私が初めて一人で家を出て生活したのは、生徒たちが下宿をしなければならない高校時代でした。携帯電話も持てず、電化製品も使えず、特別なことがないと1週間も家と連絡が取れず、初めて完全に家族と離れた生活を経験しました。学生たちはとても友好的ですが、新しい学校に入って、慣れた都市を離れて、知らない先生や学生、知らない環境、知らない生活リズムが私を怖がらせています。高校に入って、学習の任務ももっと多くなって、1時間の授業も問題を解くことができなくて、暗記していない知識の点、山積みの宿題、時々の試験、期待はずれの順位はすべて私にとても大きい圧力を感じさせます。
あの時私たちは毎日昼に寮に帰ることができる時間があって昼休み、ある日の昼、私は試験の成績が理想的でないためゆううつで、食事をしないで直接寮に帰りました。寮に戻った後、私はとても意外にも私のベッドの袋を見て、中に弁当箱を入れて、上にメモが1つ、母は書いたのです:「私はあなたにいくつかの手続きをするために学校に来て、箱の中であなたが食べることが好きなのは、午前中に作られた、より多くのことを作って、友達と一緒に食べるでしょう。」箱を開けると、私の好きなおかずと肉を使ったコロッケが入っていました。これを見て私は突然崩壊することができなくて、心の中の圧力とパニックは突然突破口を見つけたようで、すべて涙になって残します。私の友達はそれを見て私を抱きしめて言いました:「泣かないでください、これはあなたのお母さんがあなたにあげるのです、よく食べてください。」私は今でもあの時のあの光景を思い出し、あのコロッケの箱から涙が出てきます。
これはとても小さなことですが、私が成長していく上で、独立していく上で大切なことです。しかしその後、私は自分で多くの事をしようと試み始め、一人で生活の中のすべての波乱に直面する勇気があり始めました。なぜなら、どこに行っても、いつでも、私の母、私の家族は私に無限の力と勇気を与えてくれます。家族は、私の最大の力です。
#1 もりしげ [JEhlBgc]
敬語「ます」形でお願いします。(敬語では無く、助動詞の丁寧語です。
作文のテーマ:家族は限りない力を与える
の成長しが育った二十年を思い返してみると、うれしいこと、わくわくすることも何度もしたことがたくさんありました。
悲しいことも、無力なことも、失敗したことも、迷ったことも、前に進みたくない時もありました。
どんな時でもには、そのたびに母私の後ろで黙って見守ってくれて、支えてくれました。
無数の困難な時に、母の声なき鼓舞は応援が私に限りない力をあげてたえ、私を助けて勇敢で自信のある性格を形作って、私に温和にこの世界と付き合う善意を持たせて、この世界と対抗するに立ち向かう勇気を持たせました。
私が初めて一人で家を出て生活したのは、生徒たちが学生の時に下宿をしなければならない高校時代でした。
携帯電話も持てず、電化製品も使えず、特別なことがないと1週間も家と連絡が取れず、初めて完全に家族と離れた生活を経験しました。
他の学生たちはとても友好的ですが、新しい学校に入って、慣れた都市故郷を離れて、知らない先生や学生、知らない環境、知らない生活リズムが私を怖がらせています習慣が私の心尾を孤独と不安に落としました
高校に入って、学習の任務も時間がもっと多くなって、1時間の授業も問題を解くことができなくて、暗記していない知識の点覚え切れないほど学習、山積みの宿題、時々幾つもの試験、期待はずれの順位は実力が発揮できない成績にすべて私にとても大きい圧力を感じさせます心の負担の感じに成って来ました
あの時私たちは毎日昼に寮に帰ることができる時間があって昼休み、ある日の昼休みに、私は試験の成績が理想的でないためゆううつで、食事をしないで直接自分で思って居た以上に悪くて、食事をする元気も失い寮に帰りました。
寮に戻った後、私はとても意外にも私のベッドの袋を見て、中に弁当箱を入れて、のベッドの袋の中を見ると弁当箱が居れて有って、その上にメモが1つ、それは母は書いたの手紙です:「私はあなたにいくつかの手続きをするために学校に来て、箱の中あなたが食べることが好きなのは、午前中に作られた、より多くのことを作って、友達と一緒に食べるでしょう。」好きな食べ物を、午前中にたくさん作って置きましたので、友達と一緒に食べてください。」と手紙に書いて有りました。箱を開けると、私の好きなおかずと肉を使ったコロッケが入っていました。
これを見て私は突然崩壊することができなくて、心の中の圧力とパニックは突然突破口を見つけたようで、すべて涙になって残しますこの手紙を見て、母や家族の愛を感じ今までの失望感やみじめな自分が突然心の中のストレスと敗北感が突然消えたような感じがしました、そしてたくさんの涙が止まらなく出てきました
たくさんの私の友達はそれを見て私を抱きしめて言いました:「泣かないでください、これはあなたのお母さんがあなたにあげるのです、よくの為に作ったのですから、あなたが食べてください。」私は今でもあの時のあの光景を思い出し、あのコロッケの箱からを見ると涙が出てきます。
これはとても小さなことですが、私取っては成長していく上で、独立していく上で大切なことですとても大切なことてした。これが一人立ちをすることでしょうね
しかしその後、私は自分で多くの事をしようと試み始め、一人で生活の中のすべての波乱に直面する勇気があり始め持てるように成りました。
なぜなら、どこに行っても、いつでも、私の母、私の家族は私に無限の力と勇気を与えてくれます。
家族は、私の最大の力力の源です。
Corrected No problem
このような文章にしてしまいましたが良いでしょうか?
22 Dec 2022 (UTC)
#2 しけいきん [MQQmZDI]
どうもありがとうございます!
23 Dec 2022 (UTC)
#3 城 作也 [IWBSYTM]
敬語「ます」形でお願いします。
作文のテーマ:家族は限りない力を与える
成長してきた二十年間、思い返してみると、うれしいことも、わくわくすることも何度もありました。
悲しいことも、無力だと思えたことも、失敗したことも、迷ったことも、前に進みたくないと思った時もありました。
でも、どんな時でも、そのたびに母は私の後ろで黙って見守ってくれて、支えてくれました。
無数幾多の困難時に、母の声なき鼓舞は私に限りのない力をあげて与え、私を助け勇敢で自信のある性格を形作って、私に温和にこの世界と付き合うくれました。私に、この世界に寄り添える温かさと善意を持たせ、また、この世界と対する勇気をも持たせてくれました。
私が初めて一人で家を出て生活したのは、生徒たちが下宿をしなければならない高校時代でした。
携帯電話も持てず、電化製品も使えず、特別なことがないと1週間も家と連絡が取れず、初めて完全に家族と離れた生活を経験しました。
学生たちはとても友好的でしたが、新しい学校に入って、慣れた都市を離れて、知らない先生や学生のいる、知らない環境、知らない生活リズムが私を怖がらせ、私は怖くなっていました
高校に入って、学習の任務ももっと多くなって、1時間の授業も問題を解くことができなくて、暗記していない知識の点、山積みの宿題、時々の試験、期待はずれの順位はすべて私にとても大き圧力を感じさせますとなっていました
あの時私たちは毎日昼に寮に帰ることができる時間昼休みがあって昼休み、ある日の昼、私は試験の成績が理想的で良くないためゆううつで、食事しないで直接寮に帰りました。
寮に戻った後、私はとても意外にも私のベッドの袋を見て、いつのまにかベッドに置かれていた袋を見つけました。その中に弁当箱を入れて、があり、その上にメモが1つ、母はありました。それは母が書いたのです:「私はあなたにいくつかした。「あなたの手続きをするために学校に来て、箱の中であなたが食べることが好きなのは、午前中に作られた、より多くのことを作って、友達と一緒に食べるでしょう。」ました。あなたの好きなおかずを作って来ましたから、お友達と一緒に食べてくださいね」弁当箱を開けると、私の好きなおかずと肉を使ったコロッケが入っていました。
これを見て私は突然崩壊することができなくて、心の中の圧力とパニックは突然突破口を見つけたようで、すべて涙、驚きと嬉しさでパニックになってしまい、ただ泣くばかりで食べることができませんでした
私の友達はそれを見て私を抱きしめて言いました「泣かないでください、これはあなたのお母さんがあなたにあげるのです、よく食べてください。」私は今でもあの時のあの光景を思い出し、あのコロッケの箱から作ったの、さあ食べて」私は今でも、あのコロッケの弁当箱を思い出すと、涙が出てきます。
これはとても小さなことですが、私が成長していく上で、独立していく上で大切なことでした
しかしその後、私は自分で多くの事をしようと試み始め、一人で生活の中のすべての波乱に直面する勇気があり始め、人生の波乱に直面する時にも、勇気が湧いてくるようになりました。
なぜなら、どこに行っても、いつでも、私の母、私の家族は私に無限の力と勇気を与えてくれるからです。
家族は、私の最大の力なのです。
Corrected No problem
用日語寫會話文的時候,因為不使用:的記號,所以配合了那個。
23 Dec 2022 (UTC)
Now Loading...